〇裁判の記録

〇第1回口頭弁論   2017年5月19日(金) 14:00~15:00

 519日に第1回の口頭弁論が行われ、原告の提出した訴状と、期日前に提出された被告の答弁書について裁判官から事実確認が行われました。被告の施設は事故の責任ついては認めたものの、賠償額について命を差別する姿勢を崩さず、争う姿勢を示しました。
 原告は、過失で亡くなった場合の賠償額が、被害者の亡くなる直前の収入や障害の程度によって極端に差をつける慣行は是正されるべきとして差別のない賠償を求めました。対する被告の藤倉学園側は、原告側の主張を「独自の理論」として反論し、逸失利益に対する賠償責任はなく、慰謝料についても相変わらず慣行を下回る金額を呈示しております。

 東京地裁で最も広い103号法廷でおこなわれましたが、準備された傍聴席85名分は満席となりました。

 

〇第2回口頭弁論   2017年9月22日(金) 14:00~15:00

 9月22日に第2回の口頭弁論が行われ、事前に原告の提出した陳述書と意見書及び準備書面について、原告と原告の弁護団による要旨の説明があり、今後の期日や進め方について裁判官から確認が行われました。
 原告は、前回同様、命の損害が障害の有無で差をつける慣行は是正されるべきとして差別のない賠償を求めました。又、立命館大学の吉村良一教授の法律の側面からの意見書、国立の障害者施設のぞみ園の研究部長志賀利一氏の重度知的障害者の就労状況の分析データの側面からの意見書が提出され、弁護団から意見書の要旨の説明と知的障害者の逸失利益をめぐる裁判例の時系列的データを踏まえた主張が行われました。

 前回に続き東京地裁の103号法廷でおこなわれましたが、準備された傍聴席98名分はほぼ満席となりました。

 次回は12月22日(金)14:00~16:30、その次は2018年3月9日(金)14:00~16:30 いずれも103号法廷で行われます。